教育方針

 

長い時代の変遷、それに伴う教育制度の変革により、幼児教育・保育も変わって参りました。
教育の制度はたとえ変わったとしても 本園の教育理念、教育方針は伝統に支えられ
現在においても 変わることなく脈々と続いています。

  一、 丈夫な子供を育成する。

  一、 健全な精神を育成する。

  一、 情操豊かな子供を育成する

  一、 自主自立の精神を育成する。

  一、 社会性のある子供を育成する。

 以上のことを達成するために 次のようなモットーを掲げ実行しています。

     元気で丈夫な春日の子

     根気よくやりぬく春日の子

日常の保育の中で特に健康面の育成に重点をおき、水泳やマラソンなどをはじめとして、

体力づくりの目安としています。

また、音楽にも力を入れ、園内発表会などで発表しています。

どの活動に置いても子供自身が自ら考え工夫する過程を大切にし、成就感が味わえる保育をしています。