春日こども園の沿革


昭和12年4月1日   舞阪駅前区立若葉保育園として発足。

昭和18年1月18日  舞阪駅前保育園と改称、発足。

     9月14日  保育園として県知事より正式認可された。園児130名。

昭和26年10月1日  舞阪駅前春日幼稚園として県へ申請。

昭和27年3月31日  舞阪駅前区立春日幼稚園と改称、県知事より認可される。

昭和50年3月25日  学校法人春日学園春日幼稚園として県知事より認可される。

平成17年3月27日  新園舎落成式                    

平成27年4月1日   私学助成幼稚園から施設給付型幼稚園へ移行。

平成28年4月1日   幼保連携型認定こども園「春日こども園」へ移行。

 

JR舞阪駅前(浜松市西区馬郡町)地区の地域住民の要望と地域の有力者の尽力により発足した

本園は、現在も地域と密接に関わり交流も盛んに行われています。

南に白砂青松の美しい太平洋、西には風光明媚な浜名湖をひかえ、自然環境に恵まれた地域でもあります。

地域・保護者・環境に支えられ、教職員一丸となって保育・教育にあたっています。

 

 















 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

        

 

 

 

 

 

 



             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        

 

                       

 

 

。