大鍋

昨日は 大鍋の日でした。

こども園の幼児部の子供たちが先生と力をあわせて

けんちん汁を作りました!

たんぽぽ組さんは 白菜の葉をちぎるお手伝いをしました。

 

『 葉っぱは柔らかいけど、白い芯の方はちょっと固いんだね。 』

 

『 白菜の葉っぱ、とってもいいにおいがするよ。 』


『 みてみて。こんなに たくさんちぎったよ!!』

 

ひまわり組さんの担当は、こんにゃくと椎茸。

『 たんぽぽさんも食べられるように小さくしてあげないと・・・。 』

 

『 しいたけって、ふわふわしてるんだよ~。 』

こんにゃくと椎茸の触感の違いを楽しみながら 調理をしていました☆

 

 

ゆり組さんは 包丁を使って 大根のいちょう切りに挑戦しました。

 

大根を押さえる手は・・・猫の手!!

慎重に、ゆっくり、丁寧に。

 

園庭に準備された大きな大きな鍋に 自分たちが調理した具材を運びます。

『 おねがいします!! 』
目の前で 大きな鍋に投入される野菜を見て子どもたちは大興奮。

みんなで『 おいしくな~れ!! 』のおまじないをして、出来上がりの時を待ちます。

 

出来立ての温かいけんちん汁を いただきまーす!!

 

『 あっ、ゆり組さんが切ってくれた大根があった!! 』

『 これは たんぽぽさんがちぎった白菜だ! 』

 

『 おかわりもたくさんあるんだって!! 』

人参、ごぼう、さといも、豆腐、鶏肉・・・。具だくさんで栄養満点!!

 

みんなで一生懸命作ったから すごく美味しいし、なんだか嬉しいね🌸

 

 

2018年01月19日