長 墨絵

苗を植えてから 毎日水やりをして

きゅうりの収穫を体験しているゆり組さん。

見て、触って、たくさん観察してきたきゅうりの絵を描くことにしました。

 

さきに鉛筆で描いた下書きの絵を障子紙にあてて、割り箸に墨をつけながら

なぞっていきます。

 

割り箸で描く線は、細くなったり太くなったり なかなか味がありますね~。

 

『 茎にはとげとげがたくさんあったんだよ。 』

『 長いつるは クルクルしながら伸びていたよ。 』 

 

毎日観察してきて気づいたところを丁寧に描いていきます。

 

絵の具で色付けもしました。

画用紙と違い、障子紙は色がにじんで優しい色付けができます。

 


 

太さの異なる墨の線がきゅうりの生命力の強さを感じることが出来ます。

 

2018年06月28日