交通教室

先日、交通教室が行われました。

交通安全指導員の方、幼児交通安全クラブの役員の保護者の

方が来てくれました。

交通ルールを勉強し、横断歩道を渡る練習をしました。


たんぽぽ組さんは、保育室で指導を受けました。

横断歩道では「とまって!みぎ ひだり みぎ」が合言葉!

ひまわり組とゆり組は、ホールで交通ルールを学びました。

信号が青に変わっても すぐに渡っては いけません。
車がこないか 『右・左・後ろ・前』を確認しましょう!



手はしっかり上に大きくあげないと 運転手さんに見えないんだよ。





信号が青に変わっても 前と後ろから 右折左折の車が来るよ!
子どもたちを 恐ろしい交通事故から守るためには
日常から繰り返し 交通ルールを教えることが大切です。

「ドキドキしたよ。」「自分で信号機を見たよ。」と話して

くれる子もいました。緊張の中、自分自身で安全確認をす

ることを身に付けてくれたようです。

ぜひご家庭でも お出かけをしたときなど、道路の渡り方や、

「右を見て、左を見て、もう一度右を見て、手をあげて渡る」

など安全確認の方法をお子さんと一緒に確認し、命を守る大切

な行動を伝える機会となるよう心がけてみてください。

2020年10月15日