年中 待ち遠しい春

11月にチューリップの球根を植えたひまわり組さん。

あれから球根のお母さんになったつもりで 毎日水をあげて

観察しながら声を掛けています。


芽が出たのを発見した子は 植木鉢をのぞいて

『 もっと もっと 大きくなってね! 』

と 優しく声を掛けていました。


水と太陽と【 たっぷりの愛情 】を注いでいます。

茎がのびて きれいな花が咲くころみんなはゆり組さんに進級するんだよ!


まだまだ朝夕は刺すような寒さはありますが、保育室に入る

冬の日差しの奥に春の訪れを期待する日々です。

2019年02月04日